2014年にマルコ・ペッツァイオリ元監督とともにチームの指導にあたったカルステン・ラキース元コーチが、ドイツ紙Lampertheimer Zeitungのインタビューに応えています。ラキースはバイエルンやダルムシュタットでプレーした経験を持つ元ストライカー。この両チームが今週末に対戦するに先立って行われたこのインタビューで、セレッソでの経験についても語っています。

ラキースはまず、異国で指導にあたったことについて「それは冒険であり、素晴らしい経験だった。多くのことを私にもたらしてくれた」と振り返ります。中でも「最も重要な発見は、通訳を介する必要がある場合にチームを指導することはとても難しいということだった」。

「英語を話す人はほとんどおらず、私たちも日本語は話せない。試合中に状況を改善するためにかなり時間がかかったし、苛つくほどだった。私たちはチームを戦術面にもフィジカル面でも前進させたが、最終的には日本人の指導者と交代することになった」と当時の経験について話しています。

ラキースは現在ベルリンに居住し、エネルギー関係の会社に勤めながら指導するチームを探しているとのことです。

 

※ 以上の訳はドイツ語→英語の機械翻訳から意訳したものです。誤り等発見された方はご指摘いただければ幸いです。