サッカーW杯のロシア大会が14日に開幕する。日本代表の精鋭23人のうち、京都・滋賀関係では乾貴士、宇佐美貴史、東口順昭の3選手が世界に挑む。才能を磨き、壁を乗り越え、初めてたどり着いた大舞台。京都・滋賀での日々から、彼らのルーツを探った。

 

全文を読む