立ち上がりから我慢の時間が続いた日本だったが、DF三国ケネディエブスやDF吉村仁志を中心にゴールを許さず。すると前半22分、MF水野雄太のシュートが相手GKに弾かれたところに山田が詰め、先制に成功。後半もピンチを迎えたものの、GK石井僚の好セーブなどもあり、1-0で逃げ切った。

 

全文を読む