眠っていた力を引き出したのは乾だった。前線でのパス交換、連係した動き。常に香川に目をやり、良さを引きだそうとしていた。香川が合わせるのではなく、香川に合わせる。C大阪時代から知る乾だからこそ、できた所業と言ってもいい。香川は後半ロスタイム1分、自らゴールも決めた。ロシアW杯初戦のコロンビアは屈強なDFがそろい、個での突破は難しい。決定機を見いだすには高度な連係プレーが必要になる。乾との連係は「チームとしてすごく大きい」と香川。W杯前、最後の試合で日本の行く道が見えた。

 

全文を読む