金沢の近況はこのくらいにして、ここからはセレッソサポーターの皆さんお待ちかねの庄司朋乃也と清原翔平について。昨年の夏、金沢に期限付き移籍した庄司は、センターバックの一角としてレギュラーの座をがっちりキープ。たくさん試合をこなして経験値を上げている。期限付き移籍の場合、所属元と対戦する試合に出場できないことはめずらしくないし、むしろそちらのほうが多いかもしれない。だが、この試合を迎えるにあたり、そうした制約はなく、庄司は出場可能だ。その庄司は「誰が出てきてもすごい方たちばかり。僕個人というよりも、チームとして守れればいい」と話した。

 2016〜17年にセレッソでプレーし、徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を経て、今季金沢に復帰した清原翔平は、金沢のJ2残留に大きく貢献した15年同様、やはりチームにとって不可欠な存在となっている。古巣・セレッソ戦に向けて「楽しみです」と清原。16年のJ1昇格プレーオフ決勝では、セレッソをJ1復帰に導くゴールを奪った。「たまたまです。でも、ああやってサポーターの人たちが作ってくれる良い雰囲気の中でできたのは幸せ。セレッソの看板を背負ってプレーできる選手たちは幸せだと思う」と当時を振り返る。

 最後に、2人からセレッソのファン・サポーターへのメッセージをもらったので、そちらを紹介して本稿を締めくくりたい。
「金沢で元気にやっています。これからも応援よろしくお願いします」(庄司)
「徳島に行く時はいきなりセレッソを離れてしまう形で、そのまま金沢に移籍した。なかなかセレッソのファン・サポーターの皆さんとの別れの時間がなかったので、元気にやっている姿を見せられたら…」(清原)

 

全文を読む