昨季までC大阪に在籍していたMF清原翔平(31)は、この日はFWで先発。古巣を相手に積極的に攻め上がったが、“恩返し弾”はならなかった。「クオリティーの差が出たかなと思う。(C大阪の)崩しのところとかは、チームとしても学べるところがあると思う」と脱帽。試合後は金沢まで駆け付けたC大阪サポーターから温かい「清原コール」を受け、「懐かしかったですね」と感謝していた。

 C大阪から期限付き移籍しているDF庄司朋乃也(20)は、「イージーなミスが多かった」と反省。リーグ戦の次戦15日のアウェー・千葉戦へ「しっかり練習してリーグ戦へ切り替えたい」と闘志を燃やしていた。

 

全文を読む