結局、試合開始から終了までテンポが落ちなかった熱戦は、途中、札幌にチャンスを作られたシーンこそあったが、全体的に見ればセレッソが支配。シュート数やボール保持率といったスタッツでも札幌を上回り、それがゲーム内容にも反映されていただけに、勝点3が欲しい一戦ではあった。それでも、前節のサガン鳥栖戦、そして今節と確実にチーム状態は上向きであり、次節こそ必ずや勝利を掴むことができる。そう感じさせてくれたことも事実だ。

 

全文を読む