元韓国代表MFの指揮官は、鳥栖などを経て昨季から現役時代にプレーしたC大阪に監督として帰ってきた。1年目の昨季は、J2から昇格したばかりのチームを2冠に導くなど手腕を発揮。しかし今季はACL、ルヴァン杯、天皇杯で敗退し、リーグ戦でも8位と苦しい状況に置かれている。鳥栖時代は厳しい指導でチームをつくり上げたが、その厳しさがC大阪のチームカラーになじまなかったという声も上がっている。

 C大阪は昨季の2冠を評価する一方で、内部からの意見も踏まえて総合的に判断。最大の目標であるリーグ優勝を果たすためにも、2年契約最終年の指揮官と契約を更新しない方針を決めた。来季へ向けては国籍を問わず新監督候補を複数人リストアップし、調査を行っている。

 

全文を読む