C大阪が18年前の“リベンジ”を果たし、目前での胴上げを阻止する。10日の川崎戦(ヤンマー)に向けて、8日は大阪・舞洲(まいしま)で約1時間の練習を行った。負ければ相手の連覇が決まる一戦。 2位・広島の結果次第だが、目の前での胴上げ阻止する可能性を高めるには勝利が必要。昨年のルヴァン杯決勝で川崎相手に決勝弾を決めた元日本代表FW杉本は「向こうは優勝がかかっているけど、僕たちも負けたくない」と気合十分だった。

 

全文を読む