今季も「ゴラッソ!セレッソ」継続、池田愛恵里さんは6年目に突入へ

先週の木曜日、夜の20時に情報解禁がなされ、「ゴラッソ!セレッソ」のテーマ曲にロックバンドSUPER BEAVERの「全部」が決定しました。私はSUPER BEAVERについて名前を知っている程度でしたが、「ゴラッソ!セレッソ」にこういった形でテーマ曲ができるというのもおそらくはじめてのことだろうと思いますし、名のあるバンドの曲が使われるとあって、そのニュースに驚き、いくつかバンドの曲を聴いてみたりもしていました。

 

SUPER BEAVER自体がなにかセレッソと縁があるというわけではなさそうですが、SUPER BEAVERの所属するレーベルであるNOiDの主宰者、YUMAさんが熱烈なセレッソサポーターだそうで(Twitterのプロフィールにも書かれています)、喜びのツイートをしていました。リプライを見ているとファンの方の間でもよく知られていたことのようですね。

 

こうした発表があったので、ついSUPER BEAVERに気をとられてしまいましたが、よくよく考えてみたら「ゴラッソ!セレッソ」の今季継続はその時点ではまだアナウンスされていませんでしたので、それもまた新しい発表でした。「ゴラッソ!セレッソ」は2011年4月に放送開始ですので、これで8年目に突入となります。番組MC(応援リポーター)を務めていた池田愛恵里さんも継続ということで、池田さんは6年目に突入。はじめてからもう5年も経つんですね。最初はまだあまりサッカーについてもセレッソについてもよく知らない状態だったのが、今やクラブの配信番組で熱弁をふるうほどのセレサポになりましたので、頼もしい限りです。

ややタイミングが遅すぎた感もありますが、せっかくなのでまとめておきます。今季の「ゴラッソ!セレッソ」は今週末24日放送開始です。

英ガーディアン紙、西川潤を「世界の有望選手60人」に選出

英紙The Guardianがウェブ版に“Next Generation 2019: 60 of the best young talents in world football”を掲載。将来有望な選手を各国から選出するというもので、2014年から行っているシリーズとなります。今回は2002年生まれの選手の中から選出。日本からはセレッソ大阪加入内定の西川潤が選ばれています。
crzblog
6 sec read

マレーシアU-19代表FWがセレッソ大阪の練習参加へ

マレーシアU-19代表のFW、ルクマン・ハキム選手が来月、セレッソ大阪のトライアルを受ける見通しとなりました。Utusan Onlineなど現地メディアが伝えています。
crzblog
1 sec read