優勝した昨年度大会を「一生忘れることのできない大会となった」と振り返る木本。「(前回王者ということで)周りからのマークもあると思うけど、『連覇する』という目標をしっかりもって、戦いたい」と今大会にかける意気込みも強い。湘南戦に向けては「ハードワークするチームを相手に、まずは走り負けないこと。そして、同じフォーメーションなので、1対1でマッチアップする回数は増えると思う。攻守において、1対1で負けないことが大事。先手をとることを意識したい」と話す。

 

全文を読む