ロティーナ新監督の戦術論を取り上げた記事をまとめてみた

Embed from Getty Images

セレッソ大阪の新監督に前東京ヴェルディ監督のミゲル・アンヘル・ロティーナが就任することがクラブから発表されました。ロティーナは1957年生まれの61歳。31歳で現役引退後、スペインで指導者としてのキャリアをスタートさせ、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、ビジャレアルなどの監督を歴任。その後、キプロス、カタールのクラブを経て、2017年から東京ヴェルディの指揮をとっています。

ロティーナ監督についてはその戦術論が注目され、数多くの記事が執筆されてきました。以下ではそうした記事をまとめます(たぶんこれ以外にもあると思いますが、見つけ次第随時追加します)。

英ガーディアン紙、西川潤を「世界の有望選手60人」に選出

英紙The Guardianがウェブ版に“Next Generation 2019: 60 of the best young talents in world football”を掲載。将来有望な選手を各国から選出するというもので、2014年から行っているシリーズとなります。今回は2002年生まれの選手の中から選出。日本からはセレッソ大阪加入内定の西川潤が選ばれています。
crzblog
6 sec read

マレーシアU-19代表FWがセレッソ大阪の練習参加へ

マレーシアU-19代表のFW、ルクマン・ハキム選手が来月、セレッソ大阪のトライアルを受ける見通しとなりました。Utusan Onlineなど現地メディアが伝えています。
crzblog
1 sec read