14日の始動から1週間。この日は雨の中、実戦形式の戦術練習でイバン・パランコ・ヘッドコーチ(39)が選手の位置取りなどを細かく指示しながら、サイドチェンジを意識したボール回しを繰り返した。ロティーナ監督は「判断の基準など細かなコンセプトを吸収させている」と、その意図を説明し、新加入のMFレアンドロ・デサバト(28)らが軽快な動きを見せた。

 オフを挟み22日からタイキャンプに臨む。スペイン人指揮官は「チームが持っているいい部分を消さないようにしながら我々のアイデアを入れていく。選手が慣れてきたトレーニングのやり方とは違うかもしれないが、成長の余地は大きい」と手応えをにじませた。

 

全文を読む