左サイドバックは長く丸橋が不動の存在だったが、ロティーナ新監督に始動から評価されてきたのが舩木だった。「監督のサッカーは自分に合っていると思いますし、目に見える結果を増やしていきたい。ゴールにつながるクロスが求められている」。高精度の左足を操るプロ3年目が定位置争いに割って入る。

 

全文を読む