オフにはJ2クラブからオファーがありながら「J2で試合に出るのが良いのか、セレッソでマルくんと勝負した方が良いのか」をてんびんにかけ、残留を決意した。今季もまたJ1のピッチに立てない可能性もある。それでも残ることを決めたのは、来年に迫った東京五輪があるからだ。

 

全文を読む