今季初めて公式戦で先発した選手たちの多くが90分プレーしたこと。高木に片山とケガで出遅れていた選手たちが戻ってきたこと。瀬古が落ち着いてビルドアップに関与していたことなど収穫も見られた一戦だが、試合の締め方に失敗。手にしていたはずの勝点3が残り数分でゼロになる、セレッソにとっては厳しいルヴァンカップのスタートとなった。

 

全文を読む