C大阪は後半12分に投入したFW都倉を起点に反撃を試みたが、ゴール前のプレーの精度を欠いて2連敗。ボールを保持する時間が長く、シュート数でも上回っただけにロティーナ監督は「自分たちがやったサッカーを考えたら、ふさわしくない結果だった」と不満顔だった。

 

全文を読む