指揮官とコーチの持つ参考書を生かし、自陣からボールを保持しながら、最終的にゴールまで辿り着く。イメージは全員が共有していても、実際にピッチでは表現できていないのが現状だ。後方からの組み立てに苦慮することから重心が後ろへ傾く。かつ、ポジショニングへの意識が強すぎるのか流動的な変化に乏しく、相手に読まれるシーンが多く見られている。

 

全文を読む