マレーシアU-19代表FWがセレッソ大阪の練習参加へ



マレーシアU-19代表のFW、ルクマン・ハキム選手が来月、セレッソ大阪のトライアルを受ける見通しとなりました。Utusan Onlineなど現地メディアが伝えています。

現在来日中のマレーシアのサイード・サディク青少年スポーツ大臣がメディアに語ったもの。記事によると、サディク大臣は一昨日、セレッソ大阪およびヤクルトマレーシアの代表者と会談を持ったとのことです。ヤクルトマレーシアはマレーシア代表のスポンサーとなっており、ハディ・ファイヤッド選手がファジアーノ岡山に加入する際にもサポートをしています(この件についてはNHKでも記事になっています)。

Utusanによると、セレッソがルクマン選手に関心を持つようになったきっかけは、今年福岡で行われたサニックス杯でベストイレブンに選出される活躍をしたこと。別の記事によれば、ユベントスもルクマン選手には注目しているという噂もあるようですが、これについては「誰も聞いたことがない。代理人が言ったことかもしれないが、話をしたことはない」(サディク大臣)とされています。

参考記事:AFC U-16選手権得点王がセレッソでテストか(2019/5/1)

英ガーディアン紙、西川潤を「世界の有望選手60人」に選出

英紙The Guardianがウェブ版に“Next Generation 2019: 60 of the best young talents in world football”を掲載。将来有望な選手を各国から選出するというもので、2014年から行っているシリーズとなります。今回は2002年生まれの選手の中から選出。日本からはセレッソ大阪加入内定の西川潤が選ばれています。
crzblog
6 sec read